News

2017/12/14
簡単な工事で設置できるを更新致しました。
2017/12/14
介護が必要な人でも上階への移動がスムーズにを更新致しました。
2017/12/14
個人宅でも設置できる階段昇降機を更新致しました。
2017/12/07
階段昇降機の設置は専門業者に依頼を更新致しました。

介護者の負担を減らすにおすすめ

最近の建築はバリアフリーに着目していることが多く、老後のことを見据えてデザインされることがが多くなりました。しかしながら、多くの住居にはいわゆる上がりかまちや、敷居など、段差があります。階段昇降機は高齢者や障害者のいる家庭で用いられることも多いですが、一般的に介護が必要な方は一階で生活されることが一般的です。ただし、住居が二階にあるなどの場合には、必要になりますね。もし、導入しようと考えた時はどうすれば良いでしょうか。
一番簡単な方法は、福祉用具を取り扱っている事業所に聞いてみることです。ここには、体を動かすことが難しい人が生活するための便利な道具をたくさん扱っています。階段昇降機に関しても取り扱っていることが多く、おすすめです。設置には、様々な条件があります。一般的には、レールに沿って取り付けられた椅子にシートベルトを付けて乗り、二階まであがっていきます。ひとりぶんが乗れるサイズの椅子が常に上か下かに備わっている状態になるので、あまりにも狭い階段だと取り付けが難しいかもしれません。
人を乗せて安全な環境を確保するものですから、当然負荷に耐えうるだけの固定や付属品も必要です。詳しくは、福祉用具の業者さんに相談しましょう。階段の登り降りは、足腰が弱った人にとって特に怖く危ない動作です。介護される方も怖い思いをされると思います。上手に道具を活用することで、事故などを防ぐことできます。

階段の昇降が不安な方にオススメの階段昇降機

階段の手すりや壁にレールをつけて椅子に座った状態で移動のできる階段昇降機は、年々需要が高まりつつあります。その理由は現在の日本が高齢化社会だからで、自宅の階段の昇り降りに不安を感じておられる方もたくさんいるからです。
ですがエレベーターを付けるには大掛かりな工事が必要ですし、費用だってかかります。そんな家庭用エレベーターと比較しても階段昇降機は設置も簡単ですし、コスト面でも安く済みます。
さらに月々一万円以下でレンタルのできる業者もありますので、それほどの負担もなく設置することができるのではないでしょうか。
また車椅子の方にも階段昇降機は重宝します。そもそも車椅子の場合、僅かな段差でも移動は難しく、ましてや階段となるとなおさらで自力での昇り降りは不可能に近いと言えます。ですから家族やその他誰かの助けが必要となりますが、階段昇降機があったら一人で階段を上り下りできるのです。無論安全には配慮がなされていますし、業者側で定期的なメンテナンスも行ってくれます。
これからバリアフリー住宅へのリフォームを考えておられる方やすでにバリアフリー住宅に住んでおられる方まで自宅の階段の使用に不安を覚えているなら、階段昇降機設置を視野に入れてみるのはいかがでしょう。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加