News

2017/12/14
簡単な工事で設置できるを更新致しました。
2017/12/14
介護が必要な人でも上階への移動がスムーズにを更新致しました。
2017/12/14
個人宅でも設置できる階段昇降機を更新致しました。
2017/12/07
階段昇降機の設置は専門業者に依頼を更新致しました。

階段がある家をバリアフリーにする時は

階段のある家を、バリアフリーにする時には、階段昇降機の設置がおすすめです。ただ、階段というのは狭いことが多いため、階段昇降機をつけると、階段がとても狭くなってしまうのではないかと不安を感じる人もいるでしょう。しかし薄くコンパクトな昇降機を選べば、必要以上に階段を圧迫することがありません。
家の中の階段というのは、様々な形があります。階段昇降機には、直線階段用のものと、様々な階段に対応可能な曲線階段用のものがあります。そのため、設置スペースさえあれば、階段の形に関わらず、階段昇降機の設置が可能です。階段の状態によっては、椅子が邪魔になってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。そんな時は、折りたためるタイプの椅子がついた昇降機を選んでおくことがおすすめです。使わない時は折りたためるタイプであれば、昇降機を使わない人が階段を利用する時に椅子が邪魔と感じることがありません。
そんな椅子が折りたためる昇降機の他に、椅子が回転するタイプの昇降機など、階段昇降機には様々な種類があります。階段昇降機を設置する時には、実際に利用する人、そして一緒に生活をする人のことを考え、最適な昇降機を選ぶことが大切です。

階段昇降機の役割や購入方法などについて

階段に関してのバリアフリーで出てくるものに階段昇降機というものがあります。これは高齢で階段の昇り降りに支障がある方、心臓の病などで大きな負担をかけられないといった方が階段を昇り降りする為の機械です。その他にも階段で転倒し、そのまま寝たきりにならない様にといった目的で使用される事もあります。階段昇降機の場合は家に大掛かりな工事をする程でもなく設置できるので価格もホームエレベーターより安く、負担の少ない設備です。
階段昇降機はその設置する階段がまっすぐか、カーブしているかによって値段や設備が変わってきます。更に機種ごとにも差がありますので値段はかなりの変動があります。また、階段昇降機の種類としてもガイドレールにイスなどを設置した物や、後ろから誰かに操作してもらって階段を昇り降りする可搬式階段昇降機などがあります。
可搬式階段昇降機の方がコストは安いものの、オペレーターが必要となります。ガイドレールにイスなどを設置した物の場合は可搬式階段昇降機よりコストがかかるものの、安全性が高いのが特徴です。使用していない時は椅子を折りたたむ物があり、スペース面の配慮がされているものもあります。購入までは考えていないといった方でも階段昇降機はレンタルもされているので場合によってはそういったものを利用してみるのもいいでしょう。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加